商品案内

職人の技術を結集し復活した老麺の世界

料理長 髙野文雄最後の直球勝負
中国料理を極めたシェフがあえて挑む老麺肉まん・あんまん

肉まん 300円(税込)

一番人気は王道の肉まん。
蒸し立ての肉まんは熱々の肉汁があふれ出ます。長時間かけて発酵させた老麺生地が、肉汁や餡の香りと旨味を優しく封じ込めます。小松菜、長ねぎ、竹の子、椎茸がブレンドされた餡は、肉と野菜の絶妙なハーモニーを奏でます。温めた時に全ての旨味が最高の状態になるように計算し調和された繊細な味は、中華の最高水準の技を結集して初めて到達できる世界です。

あんまん 各250円(税込)

つぶあん

あずきの食感が楽しめるつぶあん。
餡作りにもこだわり、料理長自らがあずきを煮るところから全て手づくりで仕上げます。大きな中華鍋を使い、温度の変化や餡の固さの変化を自らの手の感触で確かめながら、じっくりと時間をかけて作ります。餡の状態の微妙な変化を五感で感じ取るのは正に職人の技。添加物を一切使わず、シンプルに素材本来の旨味を引き出します。和菓子とはまたひと味違った餡を味わえます。

こしあん

こしあんは、深みのある味わいの中華あん。
温めると少しとろみが出るのが特徴の中華あんです。老麺の柔かくもっちりとした食感に滑らかな餡がよく調和します。餡の上の部分には、胡麻と細かく刻まれた落花生をトッピング。食べる場所により食感と味わいが微妙に変化します。独特の深みを引き出す隠し味には、豚の背脂という意外な食材を使っています。

蓮の実あん

上品な甘さが特徴の蓮の実あんまん。
蓮の実あんというと、どんなものか想像が難しいですが、蓮の実を練り込んだ餡です。普通のあずきの餡に比べ若干控えめで上品な甘さです。蓮の実は中華では月餅などにも使われています。意外な素材で多彩な味を表現するのも中華の技術の特徴です。

紫いもあん

紫いもの風味と食感の二刀流を同時に味わう。
まずひと口食べた瞬間からガツンとさつまいもの風味が広がります。飲み込んだ後にクリーミーで濃厚な味わいが口中に押し寄せます。餡の中ほどには紫いものかけらがゴロッと入っていますので、芋の食感も味わえます。紫色の餡も鮮やかで、色、風味、食感、香り、豊かな芋の多重奏をお楽しみください。