桜の季節は去り行く

春の季節限定で販売しております桜あんまん。

こちらは4月末までの販売を予定しております。桜の季節も去り、販売期間もあと残り僅かとなりました。

東京の桜は、今年は咲くのが早く、3月の後半がピークでした。一方で北海道の桜は今日開花したとのニュースが聞こえてきました。東京の春は年々短くなるような気もします。

去り行く春の名残りを桜あんまんと一緒に感じてみるのもオススメです。

日本の季節を感じる感性には、「名残り」と「先取り」があり、徐々に移ろい行く季節の微妙な変化を味わう文化があります。

古今和歌集に紀貫之作の桜の名残りを歌った名歌があります。

桜花散りぬる風のなごりには
水なき空に波ぞたちける

桜の花が咲いている最盛期ではなく、散ってしまった後の花が風に舞う様子に心が揺り動かされたようです。桜の花が風に舞う姿から桜の季節を名残りを惜しむと同時に、その様子を海に見立てて白波と表現しています。もの凄い創造力の飛躍ですね。

海や白波にはどこか初夏を思わせる輝きを感じます。正に「名残り」と「先取り」を感じ取り、季節の移ろいを様々な感覚と映像で表現した名作です。こうした季節を愛でる感性を大切にしていきたいものです。

関連記事

  1. 新商品:ずんだあん 2/14(水)販売開始

  2. カフェメニュー☆グランドオープン

  3. 紫芋あんまん

  4. あんまんの餡たち

  5. 生ザーサイはじめました

  6. ビールのお供最強伝説