スローなニクにしてくれ

肉まんはファストフードか?スローフードか?

すぐに提供する食事としてはファストフードかも知れませんが、スローフードの概念で言う「地域に根ざした食材を使用した、丁寧に作られた食事を大切にしてもらいたいという思いから、食材を含めゆっくりじっくりと作られたフード」という点では、正にスローフードと言えます。

 

自家製天然酵母の老麺は、作るのにもの凄く手間と時間がかかります。水と小麦粉から作った発酵種を育て、生地を作り長時間かけてじっくりと発酵させます。この長時間発酵が老麺独特の柔らかくもっちり感があり、優しい風味を産み出します。

あらためてスローフードの定義を見ると、「スローとは、ゆっくり食事をするという意味ではなく、土地土地にあった生産方法で丁寧に生産された食材を食べることで、食生活とその土地の魅力(文化)を見直しましょう」と、素晴らしいことが提唱されています。

老麺や饅頭は、中国が起源の製法で、高温多湿なアジアモンスーン気候に適した生産方法なのかもしれません。そういう意味でも正に土地の魅力を食品にしたスローフードと言えるでしょう。

髙野の肉まんを早く食べようと思っても、熱々の肉汁に阻まれて早く食べることができません。そんな訳で、肉まんはファストフードとは言えないですね。火傷しないように気をつけてゆっくり食べてください。

関連記事

  1. 君の名は。老麺という宇宙

  2. 髙野開店ストーリーその1:老麺

  3. 五感で創る:かぐ(嗅覚)

  4. 中国料理調理師友好会

  5. 五感で作るゴッドハンド

  6. 料理長のこだわりBGMと老麺

  7. 五感で創る:ふれる(触覚)

  8. 中国料理最高資格