料理長のこだわりBGMと老麺

いつも店舗奥の厨房スペースで肉まん・あんまんの仕込みをする料理長。

いつもお気に入りの音楽を聞きながら仕込み作業をやっています。

作業中の音楽は、サンバやボサノバ♬スイングジャズなど。

ラテンのアップテンポな賑やかな曲が好みです。

老麺にも音楽を聞かせながら、常に対話をしながら肉まんを作ります。

老麺は生き物ですから、料理長の語りかけや音楽に反応しているのでしょうね。

温度湿度だけでなく、音楽や人間の語りかけ、厨房環境、街の空気、

等々によって老麺は徐々に環境適応し、やがて個性を持った存在へと熟成されていくような気がします。

関連記事

  1. 黄金の師弟コンビが板橋で甦る

  2. 中国料理調理師友好会

  3. 五感で創る:かぐ(嗅覚)

  4. 髙野開店ストーリーその1:老麺

  5. 五感で作るゴッドハンド

  6. 中国料理最高資格

  7. 五感で創る:ふれる(触覚)

  8. 君の名は。老麺という宇宙